地代家賃に関する悩みをオフィス移転で解決

やや広い物件での賃料に関する悩み

オフィス物件に入居している方々は、しばしばお金に関わる悩みを抱えています。特に地代家賃に関する悩みを抱えている法人は多いです。事務所の地代家賃は、必ずしも格安であるとは限りません。敷地面積が大きすぎる事務所などは、コストに関する悩みが生じている事もあります。事務所物件の賃料は、面積との比例関係があります。面積が広い物件の場合は、総じて賃料も高めになる訳です。100平米メートルの物件と比べると、150平米の事務所の方が、賃料も高めになる傾向はあります。そして後者の物件に入居している方々は、やや広すぎると感じている事もあります。前者の100平米程度の面積でも問題ない事も多いです。その際に、よくオフィス移転が検討されています。実際、事務所移転には費用に関するメリットはあります。

面積が小さな物件に引越ししてコストを抑える

150平米から100平米メートルの物件に引越しをすれば、利用できるスペース自体が狭くなる事だけは確実です。しかしその分だけ、コストは抑えられる傾向はあります。仮に前者の150の物件が、毎月30万円だとします。それに対して後者が25万円ですと、毎月5万円のコストダウンが生じる訳です。その差額は非常に大きいです。何しろ年間に換算すれば、実に60万円前後の差額が生じる訳です。そもそも毎月の無駄な出費は、企業の経営を圧迫してしまう事も多々あります。しかし60万円の節約が実現されれば、それだけ会社に対する支出も限定されますから、経営状況が上向く事も珍しくありません。ですから100平米程度でも問題ない状況でしたら、思い切ってオフィス移転を検討してみるのも一法です。

依頼費用を支払っても移転する価値はある

ところで事務所移転を検討する際に、別の意味での費用に関する悩みが生じる事も多いです。例えば、移転業者に対する支払いです。事務所移転は自社で行うというよりも、専門業者に任せるケースが殆どです。自社だけで移転作業を行おうとすると、労力も大きくなってしまうからです。ですから専門業者に任せる事も多いですが、依頼費用も支払う事になります。それがネックで、事務所移転を躊躇している法人も多いです。しかし一旦は大きな費用が生じても、上述の5万円の節約が実現できるなら、結局は経営の問題が解消されるケースも多々あります。業者に対する支払いが50万円でも、10ヶ月も経過すれば、十分に元が取れる計算になるからです。ですから会社の地代家賃が気になっているなら、オフィス移転は十分に検討してみる価値はあります。